女子肛交生アナルラブ4 前編 竹内由佳

女子肛交生アナルラブ4 前編

健康的に褐色に日焼けしている由佳だが、ソファーに膝立ちになってペロンとスカートをめくると、うっすら日焼け跡の桃尻が!肉付きのいい尻の谷間には、使い込まれていないキレイなアナルがちょこん♪まずは小手調べとばかりにクスコで強引に押し広げ、腸の状態をチェック!続いて念入りなアナル舐めからそっと指を挿入すると、由佳の顔は従順なドMメス犬そのものに。乳首舐めとアナルバイブの2点責めでよがらされると、スポーツ美少女体型の鍛えられた腹筋にぎゅ~~っと力が入る。ラストは尻穴に肉棒を突き入れられて犯されまくり、由佳は絶叫しつつガックンガックン揺すられてぐったり……。

女子肛交生アナルラブ4 前編 竹内由佳


女子肛生アナルラブ6 後編 桜井綾

女子肛生アナルラブ6 後編

後編では序盤から2穴クスコという意外とレアな羞恥プレイが飛び出す。まずはマンコの中の様子をクスコとカメラを使って本人に見せ、続いて尻穴も同様にクスコで開いて観察。前編での羞恥プレイとアナルファックの時点で従順なメス犬モードになっていたのか、恥ずかしがるどころか興味深そうに素直に身体を任せている。後半になるとまたも生ハメアナルファック。1回目と比べると荒々しく腰を突き入れられ、ガッツンガッツン尻穴を犯されて喘ぐ声も必死そうだ。Sっ気の強い人ならばこちらのファックシーンの方が好みに合うかも。

女子肛生アナルラブ6 後編 桜井綾

アダルト動画 DUGA -デュガ-

女子肛生アナルラブ6 前編 桜井綾

女子肛生アナルラブ6 前編

豊田作品のアナル物といえば、女優の精神面を攻める羞恥プレイの要素が大きなウェイトを占めているが、当作でも序盤はまさに「女の心を攻める!」ことに重きを置いている。四つん這いにさせた女の尻穴をカメラで映し、それをモニタで直接女に見せ、さらに尻毛をピンセットで1本ずつ抜いていったり、剃ったり、異物を挿入したりといった一連の流れを、全て自分の目で見させている。これによってある種の諦めがついたのか、後半のアナルファックでは実に従順。腹の底からあえぎ声を出し、恍惚のドM顔で全てを受け入れている。

女子肛生アナルラブ6 前編 桜井綾

女子肛交生アナルラブ7 後編 美由樹

女子肛交生アナルラブ7 後編

絶対に一般人では見ることが出来ない膣内や腸内にカメラを挿入し、女性の性器の中身を堂々と映像化してみせた作品。豊田薫ならではの作風は今見ても全く色褪せておらず他には真似出来ないものだと再認識する。前回の作品でアナルの快楽を覚えた美由樹はさらなる欲望へと進んでいく。

女子肛交生アナルラブ7 後編 美由樹

女子肛交生アナルラブ7 前編 美由樹

女子肛交生アナルラブ7 前編

アナル経験がほとんどないと言う美由樹。彼の第一関節までしか入れたことがないらしい。そんな美由樹に監督の人差し指が入っていく。あっと言う間に根元まで咥えてしまうアナル。そんな彼女が初アナルファックへ。痛がるかと思いきや簡単にチンコを根元まで咥え「こんなに気持ちいとは思わなかった!」と気持ちよさげに喚き「そこ、そこ、そこが気持ちいいのーっ」と淫乱になっていく。最後はバックでイッてみたいと叫びお尻に出されスポイトで精子を吸いアナルに注入。

女子肛交生アナルラブ7 前編 美由樹

超アナルラブ1 後編 鮎川詩音

超アナルラブ1 後編

前編の時はいまひとつアナルプレイに慣れていなかった彼女だが、後編になると俄然と興味が出て来たご様子。お約束の小型カメラとクスコを駆使した観察プレイの際に、熱心に自分の尻穴の内部を見つめる表情が素のままで可愛らしい。後半のアナルファックでは、デカチンを尻穴に突っ込まれてさすがに怯えた表情が残っているが、それでも何だかよくわからないけど感じてしまうといったM心が見て取れ、その辺りの葛藤も大事なヌキ要素だ。

超アナルラブ1 後編 鮎川詩音

超アナルラブ1 前編 鮎川詩音

超アナルラブ1 前編

豊田作品はただでさえ変態的というか変質的なんだが、その中でもお約束のプレイがある。例えばアナル系作品だと尻毛を1本ずつピンセットで抜いていくという描写が頻繁に登場するのだが、当作ではそれに加えて尻穴で吹き戻しをさせるという芸(?)も。ぴ~というマヌケな音と共に膨らむ吹き戻しを見て、女優も早々と自分がどういう現場に来てしまったか悟ったらしく、その後のアナル拡張プレイも経験がない割にスムーズに展開。途中で痛くてNGを出した彼女ではあったが、順調に穴が広がったらしく、チンコを突っ込まれると初めての快感に本気で感じてしまう。最後はアナル中出しされた後も、腰が抜けたのか四つん這いの体勢でフリーズ。その「自分でもどうしたらいいのかわからない」といった様子がとてもカワイイ。

超アナルラブ1 前編 鮎川詩音

超アナルラブ2 後編 岩倉舞

超アナルラブ2 後編

開幕からぷりん♪と肉付きのいい尻にブルマという卑怯な組み合わせ。ぺろんとブルマを下ろすと、中からこれまた可愛らしいアナルが!そんなご馳走を目の前に何をするのかと思いきや、リア王のお約束である吹き戻しを突き刺してぴ~~しゅるる……。そんな脱力系の演出を経るものの、続いてワイングラスに尿させ、それを浣腸器で吸い取り、アナルに流し込むという変態プレイに突入。しかしその後のフェラはさすが豊田監督と言うしかない卑猥さで、メインの中出しアナルファックもこれまた女体のいやらしさが存分に写されていてエロエロ!最後におまけ映像的に自分のしっこを舐め取らせるコーナーまであり、これ1本でリア王のなんたるかが一通り楽しめてしまうお得な内容だ。

超アナルラブ2 後編 岩倉舞

超アナルラブ2 前編 岩倉舞

超アナルラブ2 前編

アナル経験の少ない女であっても、遠慮なく身も心もほぐしていくのがリア王のアナル作品のお約束。今回もその王道とも呼ぶべき内容で、指での拡張から始まってじっくりと尻穴の許容量を上げていく。序盤は明らかに恐々していた舞だが、後半に入るとチンコを突っ込まれる恐怖感に打ち勝ち、頑張って尻穴で肉棒をくわえ込んでみせる。フィニッシュはアナルへの中出しだが、発射の際の男優の「注ぎ込んでるぜ!」といった動きがかなり動物的で素晴らしい。この辺の描写はもしかするとエロマンガなどの二次元作品のハシリになっているのかもしれない。

超アナルラブ2 前編 岩倉舞

エロフェチ3 後編 平松ケイ

エロフェチ3 後編

しょっぱなからボディストッキングに身を包んだ女優に仰向けでM字開脚させ、マンコをクスコで広げ、そこにところてんと醤油を流し込んで食べるという、変態以外の呼び方が思い浮かばない豊田節が炸裂。それが終わるとお次は真っ赤なランジェリー(ガーター)に身を包んだ女優を、薄暗い隠微な雰囲気の中でこってりと犯すという正統派路線に。この時の「あえて女優の身体に影を作る」という撮り方がエロさを増幅させているため、単なるフェラチオでも凡百のAVとは興奮度が段違い。同様にファックシーンでも普通にSEXしているだけなのに背徳感に満ち溢れ、また女の身体がいかにいやらしいフォルムをしているのか存分に見せ付けられる。ラストの口を大きく広げて男のザーメンを味わう表情も股間にグっと来る名場面だ。

エロフェチ3 後編 平松ケイ

マニア王

おすすめ

マニア王

検索フォーム

エロ動画情報

QRコード

QR